車購入の裏知識

車の買い替えを賢く行うタイミング

車の買い替えはタイミングがいろいろとありますよね。
5年落ちで考えるケースもありますし、9年や10年も1つのポイントなるでしょう。
また、13年というのも税金の関係で考える方が多いのではないでしょうか。
では、どのタイミングで車の買い替えを行うのが賢いということになるのでしょうか。

 

これは一概には言いにくい部分がありますが、車を資産として運用するイメージの場合は、新車購入の5年落ちでの買い替えが最も賢いと思います。
車の買取価格も3年、5年落ちまでは高値がつきやすいです。
しかし、3年だとちょっともったいない感じがしますよね。
また、欲しい車がまだない可能性もあります。
新車を購入し、その車を十分楽しんで次の車に買い替えると考えると、やはり5年がベストではないでしょうか。
車の買い替えはこちらから

 

逆に乗り切るという考えの場合は、やはり10年が1つの目安となります。
10年落ちの車になると、それ程値段はつかなくなりますが、乗り切っていますので、惜しい気持ちもありません。
13年落ちで税金が高くなる前に手放すのも良いですが、故障が多くなる可能性もありますし、走行距離の問題もあります。
基本的には、ベルト交換を行う10万キロを1つの目安として車を買い替えるのが、賢い買い替えではないかと思います。

関連ページ

軽トラをバカにしてはいけない
車を購入する際の裏の知識をご紹介します
値引きはオプションに注意
車を購入する際の裏の知識をご紹介します